So-net無料ブログ作成
検索選択
スポンサーリンク

あまちゃん あらすじ 第9週 [テレビ]

あまちゃん あらすじ 第9週について。



連続テレビ小説 あまちゃん あらすじ 第9週について。


好きだった種市(福士蒼汰)から振られ、さらに衝撃の事実を聞かされたアキ(能年玲奈)。

ショックのあまり真冬の海に飛び込み、熱を出して寝込んでしまいます。

「地味で暗くて協調性もない」アキに、また戻ってしまうのではないかと春子(小泉今日子)や

夏(宮本信子)は心配しますが、その予想はあたり、アキは「お座敷列車」のイベント

参加しないと言い出します。

このままでは北三陸鉄道は廃線になってしまう。焦った駅長の大吉(杉本哲太)や

副駅長の吉田(荒川良々)たちは、種市を観光協会に呼び出し、アキと付き合うよう無理難題を

吹っ掛けます。

その頃には、アキはユイと口もきかなくなり、2人の関係は修復不能に。

ユイは、思い切って天野家を訪ね、初めて本当の気持ちをアキに伝えます。

ユイの言葉に心を動かされたアキは、イベントへの参加を決めました。

本番当日、アキとユイのユニット「潮騒のメモリーズ」を目当てに観光客が殺到しイベントは大成功。

二人の人気は一層高まりますが、アキは春子との約束を守っていつもの高校生活に戻ります。

一方、ユイは喫茶リアスで、琥珀堀り・勉(塩見三省)の弟子を名乗る謎の男、

水口(松田龍平)の正体を明かそうと、彼に詰め寄ります。



以上、あまちゃん あらすじ 第9週についてでした。
コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。




スポンサーリンク
レバレッジ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。