So-net無料ブログ作成
検索選択
スポンサーリンク

あまちゃん ネタバレ 23週 あらすじ [テレビ]

あまちゃん ネタバレ 23週 あらすじについて。



「おら、みんなに会いでぇ!」

GMTのメンバーとともに、念願の初ライブが決まったアキ(能年玲奈)。

ところが、前日の2011年3月11日、東日本大震災が発生します。

北三陸市や北鉄は津波の被害を大きく受け、アキのライブも延期となってしまいます。


東日本大震災の混乱が続く中、大吉(杉本哲太)を中心に

北鉄を復旧すべく懸命の努力が始まります。

TVを通して伝わって来る故郷の様子に心揺れるアキ。自らを奮い立たせ、

アイドルとしての仕事を必死で続けます。


北三陸に帰りたいという思いを誰にも言えずにアキでした。

そんなアキに、水口(松田龍平)が歌番組の企画を持ち込みます。

番組でGMTのメンバーとともに「地元に帰ろう」を歌い終えたアキは、故郷に帰る決意を固めます。


アキは、春子(小泉今日子)に「北三陸に帰りたい」と告げます。

春子は、中途半端に仕事を投げ出すべきでないと諭しますが、アキの決意は固いものでした。

それでも春子と正宗(尾美としのり)は、東京に残って仕事を続けるべきだと、逆に提案します。


震災から3か月後。アキは、1年半ぶりに北三陸に帰りました。

駅を出て町へ降り立つと、地震と津波の傷跡は生々しく、風景は一変していました。

しかし、出迎えてくれた町の人々は、たくましく前向きに日々を生きていたのです。


北三陸に帰ってきたアキは、「海女カフェ」が津波で壊滅的な被害を受けたことを知ります。

思い出の詰まった場所の惨状にショックを受けますが、海女カフェの再建こそが

自分のやるべきことだと確信します。



以上、あまちゃん ネタバレ 23週 あらすじについてでした。






コメント(0) 
共通テーマ:テレビ



スポンサーリンク
レバレッジ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。