So-net無料ブログ作成
検索選択
スポンサーリンク

渡辺博史 黒バス 逮捕の決め手はリュック [事件]

渡辺博史 黒バス 逮捕の決め手はリュックについて。



去年10月、「黒子バスケ」の作者・藤巻忠俊さんの母校の上智大学に、

犯行声明文と硫化水素が入った容器が置かれ、関連商品を扱うコンビニなどに

脅迫状が送られた事件で、15日、威力業務妨害の疑いで、

大阪に住む派遣社員・渡辺博史容疑者(36)が逮捕されましたが、

捜査では防犯カメラを分析し、渡辺博史容疑者が持っていたリュックサックを特定したことが、

逮捕の決め手となっていたことが分かりました。


捜査関係者によると、これまでに全国16か所の郵便局などから脅迫状が

投函されており、警視庁は周辺の防犯カメラから、渡辺博史容疑者が持っていた

白い線が2本入った黒いリュックサックを特定していた模様です。


そして15日、警視庁の捜査員が、同じリュックサックを持っていた渡辺博史容疑者を大阪駅で発見。

東京駅行きの高速バスに乗り、新宿駅で降りた後、恵比寿のポストに脅迫状を

投函したところを身柄確保したといいます。

その際、リュックサックには20通ほどの脅迫状が入っており、渡辺博史容疑者は

「ごめんなさい。負けました」

と容疑を認めたといいます。



以上、渡辺博史 黒バス 逮捕の決め手はリュックについてでした。






コメント(0) 
共通テーマ:ニュース



スポンサーリンク
レバレッジ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。